みんな笑顔がうれしいね

はつかぜは主に「重症心身障がい児」を対象とした児童発達支援・放課後等デイサービス施設です。

専門知識を持った資格のあるスタッフがポジショニング(姿勢管理)・体調管理をしながら、豊富なプログラムを通じてさまざまな体験をしてもらい、お子様の発達支援を行っています。



♢ 重要なお知らせ ♢

はつかぜは更なる地域支援を目指して新たな2事業を開始することになりました。

3月から『保育所等訪問支援』事業、4月から『居宅訪問型児童発達支援』事業を開始いたします。

 

・保育所等訪問支援事業は保育所や幼稚園、認定こども園、学校、放課後児童クラブなど集団生活を営む施設を訪問し、障が

 いのない子どもとの集団生活への適応の為に専門的な支援を行うものです。

・居宅訪問型児童発達支援は重症心身障害児などの重度の障がい児等であって、児童発達支援センター 等の障がい児通所支

 援を受けるために外出 することが著しく困難な障がい児の居宅を訪問し、日常生活における基本的な 動作の指導、知識技

 能の付与等の支援を実施するものです。

 

ご利用希望の方は ☎072―734ー7922 までお問い合わせください。


🍀ブログ🍀


「はつかぜ」が大切にしていること

豊富なプログラムについて

はつかぜでは様々なプログラム提供により重心の子どもたちの好きな事、興味の持てることを発見し、繰り返し提供することにより、発達を促していく事を大切にしています。

スタッフが毎月定期的にミーティングを行い、ボランティア団体の方々とも連携しながら豊富なプログラムを企画・実施しています。

健康への気配り

プログラムを楽しんでもらうためにも、子どもたちの体調管理にしっかりと配慮しています。施設内では以下のことを充分に行うとともに、送迎時にも少人数にわけて、できるだけ短時間で帰宅するなど、身体への負担を減らす努力をしています。

◇ ポジショニング

◇ 適正な装具の使用 

◇ 呼吸、循環管理

◇ 栄養や水分出納管理 

◇ 安全な摂食、嚥下

安全へのこだわり

何よりも、子どもたちの安全を第一に考えて運営しています。全てのスタッフが有資格者で、送迎バスには必ず看護師が同乗する(送迎車内の医療的ケアに対応)など、安心できる環境を作れていることが私たちの誇りです。

 

よき相談者として

一人一人のお子さんの発達について、ご家族の良き相談相手になれればと思っています。「はつかぜ」スタッフ全員でお子さんの成長をご一緒に見守らせていただければと考えています。


「はつかぜ」の療育プログラムについて

プログラムは主に週間プログラムを基本とし、毎月1回のコンサート等イベントプログラム、個別PTプログラム、月1回のヘアカットプログラムなどを実施しています。

お子様一人ひとりが、興味の幅をひろげ、  好きな事を 楽しめる事を増やしていく。心と体に健やかな風を感じてくれればと願っています。

週間プログラム

 お子様の興味・関心を持てることを繰り返し提供すること
 により、反応の変化を引き出し、発達を促していく事を
 大切にしています。

  ○リトミックプログラム

  ○足湯&アロママッサージ

  ○制作活動

  ○絵本読み聞かせ

  ○ふれあい体操

  ○ハンモック等揺れ遊び

  ○ボーリング等ゲーム遊び   など

  ※実施の様子はこちら

 

イベントプログラム

 月ごとにイベントを提供することで、日常に変化をもたらし、
 特別な経験と感動を通じてお子様の
 発達を促すことを目的としています。

  ○音楽コンサート

  ○アロマ講習会

  ○絵本読み聞かせ会

  ○遠足等外出  など

  ※実施の様子はこちら